紙について

パンフレット作成のための紙について

パンフレット作成においては紙選びも重要です。ただ、複数種類使うとなると印刷工程が別になりコストが高くなるため、どれか1種類のみ選んだほうがよいでしょう。印刷用紙にはコート紙・マットコートなどさまざまな種類があります。

コート剤という顔料をつけて機械で均一に表面加工したコート紙は裏表とも微光沢があるのが特徴です。写真なども含めてきれいな画質で印刷できるので、写真入りやカラーのパンフレット作成におすすめです。高級感が出せます。印刷する際に再生紙を利用するとコスト面でも抑えられますし、最近のエコブームをアピールしたパンフレット作成にもなりよいでしょう。デメリットとしては筆やボールペンで書き込みするのには不向きな点です。

マットコートは同じ価格帯でありながら、光沢を少し押さえたマットでしっとりとした質感・手触り感が特徴となります。パンフレット作成において落ち着いた雰囲気の作品作りがしたいのであればこちらを選びましょう。
筆記性が高く、ペンや筆で書き込みもできますし、インクのにじみが少ないので、印刷の仕上がりにボリューム感が出るのもメリットです。

2種類使うためコストはかかりますが、表面は光を反射してテカテカ見えるグロスコートにして中をインクのノリがよいマットコートにするという加工方法もあります。
コストをかけてもいいからもっと高級感を出したいというのであればキャストコートやフィルム張合などのものを使うこともできます。

印刷屋さんに相談すると見本を見せてもらえるのでパンフレット作成の参考にするとよいでしょう。
また、大量に郵送で運ぶ場合は重量で送料に違いが出てきます。最終的にできたものがどのくらいの重さになるのかで選ぶのもよいでしょう。薄っぺらいと高級感がないと考えるのであれば逆に厚みがあるものを選ぶのもよいです。

会社のパソコンでプリントして作成するのであれば、インクジェットプリンタならインクジェットプリンタ専用の、カラーレーザープリンタならカラーレーザープリンタ専用のものしか使えません。それに、素人がパソコンで作ったものとなるとどうしても見栄えは悪くなります。プリンター専用の光沢のある紙もありますが、薄くて高級感はありません。

経費削減を考えるとはいえ、インク代を含めてそれなりにコストはかかります。それよりは印刷会社やデザイン会社に相談した方がちゃんとしたパンフレット作成を行なってくれるでしょう。