表紙は顔

パンフレット作成の豆知識、表紙はパンフレットの顔

パンフレット作成に求められることは、パンフレットは案内などを説明すると言った役割を持つ印刷物で有ることからも、文章を書く場合には解り易い表現を使う事、誰が読んでも理解する事が出来る親切な解説を組み入れて文章を作り、文章だけでは表現が難しい場合には写真や図などを併記して文章を補い説明を作り上げることが大切です。

また、パンフレットは顧客に直接手渡す印刷物も有れば、ラックなどにパンフレットを入れておいて、顧客が自由に手に取って内容を読めるようにしてある印刷物など様々です。
旅行ツアーのパンフレットは、旅行に出掛けたいけれども、何処に行こうかと迷っている人が利用することも在れば、予め旅行先を決めている人が目的のツアーのパンフレットを持ち帰るケースなどが有ります。

ラックに入っている旅行ツアーのパンフレットは、少し離れた場所からもパンフレットの内容が明確になる情報が表紙に記載されているのが特徴ですが、パンフレット作成を行う時に注意を要する事の一つとしてパンフレットを手にした時にパンフレットの中身が明確になっていたり、魅力を感じさせてくれる表紙デザインを作り上げることがパンフレット作成には大切です。

パンフレットを手に取る時に最初に見るのが表紙になりますが、この時点でパンフレットを読む人は何らかの期待をする事になります。
表紙がデザインされているなどのパンフレット作成が行われていることで、ページをめくり内容を読んでみたいと感じます。
しかし、特別なデザインが行われて無い場合など、内容を読む人もいれば特別興味を抱かずにパンフレットを利用しないケースも有ります。

パンフレット作成では解り易さを重視しなければならないと言ったパンフレット作成におけるノウハウが有りますが、表紙においてもデザインを作り上げ、パンフレットに対する魅力を伝えることが売れるパンフレット作成のコツにもなります。

旅行ツアーのパンフレットなどの場合は、旅行先の県名などが大きな文字で描かれているかと思われますが、これは遠くから見た時でも何処に行くツアーのパンフレットであるのかを明確にする目的と、同じ地域での旅行ツアーのパンフレットを並べた場合、他の旅行会社のパンフレットとの差別化を図る目的でデザインを取り入れているなどの特徴が在ります。

これは旅行ツアーのパンフレットに限ったことではなく、表紙をデザインすると言うことはパンフレット作成において大切な事であり、これからパンフレットの中を読む人への魅力を伝える部分となります。